レディー

ダルそうな眼瞼下垂はマイナスイメージ|印象深い眼力GETせよ

美容クリニックの老舗

カウンセリング

忙しくて脱毛を行いたくてもなかなか出来ないという人でも、美容外科の老舗である湘南美容外科であればコース消化の有効期限が無いので安心して通うことが出来ます。湘南美容外科では各種割引制度も用意されていますので、希望のプランが対象であった場合にはうまく活用すると良いでしょう。

詳細

美容皮膚科を利用する

ドクター

美容皮膚科では施術を受ける際にリスクが発生します。しかしリゼクリニックでは保証が付いているので、うち漏れなどにより脱毛できなかった部分は追加料金無しで施術を行ってくれるのです。またキャンセル料の発生もなく有効期間も長いため快適に利用できます。

詳細

もうシワに悩まされない

注射器

ヒアルロン酸はアンチエイジング化粧品の成分として定番ですが、化粧品としての効果には限界があります。心斎橋の美容クリニックでヒアルロン酸を直接シワに注入してもらえば、化粧品が届くよりもっと深いところにまでヒアルロン酸の効果が浸透し、シワを改善することができます。

詳細

目の印象を強くするために

目を閉じる人

まぶたの開きが悪い状態

目の印象を上げるには、ただ目を大きくするだけではありません。目の印象が強いと言われる人は、白目や黒目が見える面積が大きい場合に当てはまります。だいたい黒目が7割ぐらい見えているとはっきりとした印象に見えるようで、半分程度だと印象も弱く見えてしまいます。この状態を眼瞼下垂と言い、まぶたの開きが悪いために、白目や黒目の面積が小さく見えてしまうのです。眼瞼下垂の場合、視界が小さくなってしまったり、疲れた印象や眠そうに見えてしまうこともあります。眼瞼下垂を改善していくには美容整形が最適で、特殊な技術で目の開きを大きくしてくれます。美容整形ではまぶたの余分な皮膚を切除して、縫合していく方法が取られます。たとえ生まれつきの眼瞼下垂であっても、美容整形の技術により、目の印象は変えられます。眼瞼下垂は老化によっても起こりやすくなりますが、幅広い世代で見られる特徴です。眼瞼下垂は美容整形でも一般的になりつつあるので、将来的に見た目に悩む人の解決策となってくるでしょう。ダルそうな眼瞼下垂はマイナスイメージです。

目の開きをよくする手術

眼瞼下垂の手術では、表側から行う方法と裏側からの方法にわかれます。表側から行う手術では、眼瞼挙筋腱膜を切開して縮小し、固定をした状態で縫合していきます。縫合するときに目の開きが問題ないかを確認しながら行っていくので、開きが不自然になるようなことはありません。この手術は目を二重にしていきたい人や、まぶたが厚い人などが向いています。裏側から行う手術は、まぶたの裏側から切開をして眼瞼挙筋腱膜を調整し、ちょうどいい位置で縫合をします。裏側から切開をするので傷跡が目立たず、ダウンタイムも短くて済むのがメリットです。このような方法で眼瞼下垂が改善されていき、両目左右ともバランスのいい目の開きとなり、はっきりとした印象が残せるようになります。